転職に有利な女性と不利な女性

転職に有利な女性と不利な女性についてです。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性の社会進出はますます進んでいます。けれども、男性と比較するとやはり女性は転職や就職が難しい面があると言われています。ここ数年は、経済情勢の影響もあり就職が困難です。結構な実績を持っているか、即戦力になる技術や資格を持つ女性でなければ、退職後の再就職先を探すことは大変だと言われています。結婚のため、出産のためなど様々な事情で、女性は一時的に働けない時期があります。出産が一段落してから再就職をしようとしても大変ですし、まだ子育てに手がかかるうちは残業も休日出勤も困難です。企業からすれば、休みを頻繁に取り、土日は出勤しないといった条件がある女性を採用するのはためらう傾向があります。能力のある女性を採用すると、先に働いている男性社員との配慮なども難しくなり、能力に見合った待遇を得られない場合もあります。女性を働き手を求める職業としては、介護や育児の技術を生かしたものが多いといいます。調理師やヘルパーといった業種に関心がある人は、そういった方面もいいでしょう。女性の転職は、専門技術を有していることで有利に進めることができます。パートから実務経験を積んだり、資格の勉強をするという方法もあります。


このページの先頭へ戻る