フリーターの就職観

就職に対する価値観は人によって異なります。景気の悪い昨今、フリーターの人たちはどう考えているでしょう。フリーターといっても、どんな事情があり、どんな就職観でフリーターになったかは人それぞれです。決まった会社に勤めず、気軽な生き方をしている人という印象がフリーターには持たれることがあります。実際にフリーターをしている人に就職観について訊いてみると違うこともあります。フリーターである理由が、夢や目標を実現するためという人もいます。フリーターであることが、強い意思の現れであるといえる方もいるわけです。就職とは自分のやりたい仕事を見極め実現できそうな企業を選択することだと語る人も少なくないのです。できないことをずっと努力しても、何も得られずに終わってしまうこともあります。例えば、語学を専攻し、留学もしている人が、英語以外の職業につきたくないとします。けれども希望の企業に入れないからと、働かないというわけにはいきません。実際そういった職場は日本にはまだまだ少なく、偏った就職観が就職の道を狭めてしまう結果となっています。フリーターの場合、その人が持つ就職観に働く条件が合わないために仕事先が見つからないことがあります。目標に無理があるために、就職活動がスムーズに進まないという方もいます。気づけば随分長くフリーターをしているという人は、一度自分の就職観を考え直し、これでいいのか改めてチェックしてもいいでしょう。


このページの先頭へ戻る