新卒者の就職試験

名前の知られた大手の大学の新卒者であっても、望み通りの仕事につけるような就職活動をすることは大変だといいます。できるだけ早期から就職活動を意識した取組をすることが、新卒者には欠かせません。他人より頭一つ抜きんでる位置につくことができるかが鍵となります。採用面接をどう切り抜けるかが、就職活動では欠かせません。学生の頃に受けていた筆記試験とは、面接は根本的に違うものといえます。どれが正解で、どれが不正解といったマニュアル的な回答は通用しないのが当たり前となっています。明確な回答が存在しない問題を受けながら、企業への自己PRをどのようなこなしていくかが、就職試験では重要になります。本番の面接前に練習を何度も行うことで、いざという時に落ち着いて練習の成果を発揮できるようになります。1人に対し複数の面接官が相対する面接、複数でおこなうグループ面接など面接の形式は様々で、採用試験で何度の面接を行うかも会社によりけりです。大学によっては、卒業生がかつてどんな採用試験を経験したかが書き残してある場合もあります。新卒者にとって大変参考になりますし、最近ではインターネット上での書き込みでも就職試験の内容について掲載されていることもあります。新卒者でも採用されるように、就職試験への備えは怠りなく行っておくことです。


このページの先頭へ戻る